圃場マップで圃場の「見える化」を実現します

ドローンを使用して撮影した写真をSfMという手法で処理すると
・直上からの一枚の写真(GoogleMapの精細な最新版のようなもの)
・3次元モデル(地形、生産物の形状)
などが再現できます。
これらの技術を使って圃場すべてを歩き回らなくても圃場全体を見回したり問題個所を探したりすることができます。

■表示できる種類
  ・点群(DenseCloud:点で表現した3次元データ)
  ・3Dモデル(TiledModel:面のある3次元データ)
  ・等高モデル(Elevation:色で高さを区別した平面画像)
  ・真俯瞰図(Orthomosaic:真上から見下ろした平面画像)
写真は当園梨圃場のデータです。

以下のURLからご覧いただけます。

https://cloud.agisoft.com/shared/projects/8aaa4a1c-3d61-4ea4-abcc-7ade1561cd61

当園ではドローンによる写真撮影から圃場マップの製作まで行っております。
お問い合わせはinfo@nashitakahashi.comまでお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1024x486.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です